豆知識⑯靴底

2018年12月07日

靴底のかかとの部分は、どのように磨り減っていますか??

一般的に内側がすり減っていれば内股、外側がすり減っていればガニ股なのですが、
大切なことは、「なるべく足を擦らないで、かかとを減らさずに歩く」という事です。

足を擦るという事は、足を引きずっているという事です。
動こうとしている足に対して、靴底と地面の摩擦でストップをかけているわけですね。

微細かもしれませんが、その衝撃が膝や股関節の負担になります。
歩く時はなるべく足音を立てずに歩く事を心がけてみてください。