寝違え

2019年05月13日

寝違えは温めたり、揉んだり、ストレッチをしない事をオススメします。

大切なことは、『何をするか』ではなくて、『何をしないか』です。

基本的にケガというのは、下手なことをしなければケガした時が一番ひどい状態にあり、それ以上はひどくなりません。

身体は必ず回復しようとしてくれるので、ご自身でご自身の身体を痛めつけないように気を付けましょう。

※ちなみに寝違えは氷水で痛めたところを冷やすのがオススメです。