余談

2018年12月12日

当院に腰から右足にかけて痛めている、76歳の男性患者さんがいらっしゃいます。
その方は痛みとシビレが強過ぎて当初50メートルしか歩けなかったのですが、
施術を重ねていく事で今は5000歩〜8000歩、30〜40分継続して歩けるようになりました。

上記のように症状が改善されていったので、スクワットの提案を軽くしました。
「だいぶ症状が改善して、歩けるようになってきたので、
スクワットやってみたら筋力アップしてさらに歩けるようになるかもしれませんねー」と、本当に軽く。

そしたら後日お会いした時に「スクワット今日は17回やったよ!」と
まるで少年のような笑顔で私に伝えてくれました。そして毎日続けられています。

私が軽く提案したスクワットをやってくださった事はもちろん、
なにより「17回」という数字が良いですよね。

「15回」で終わらずに「もっとできる!」と思ってやられたんでしょうね。
だけど「16.17回」とやっていくうちに足が震えてキツくなって、
不安になってやめられたのだそうです。

こんな25歳若造のアドバイスを素直に受け入れ実践する76歳の患者さん。
そして歳を重ねる毎に歩けるようになっていってます。
その姿勢に学ばされます。

あなたと出会えただけで、私はこの仕事に就いた元を取れました。