低気圧

2019年10月15日

低気圧は山の上でポテトチップスの袋が膨らむのと同じで、圧力が減る分『内側にあるものが外に広がろうとする』現象が起きます。

身体にもこの影響で頭痛、古傷の痛み、浮腫みを引き起こします。理由は圧力によって収まりがよかった関節や傷が低気圧により広がろうとしてしまうからです。

対策として、お風呂やプールに入ることが挙げられます。水圧があるので低気圧により不調をきたした身体の調子を整えてくれます。

ぜひ参考にしてみてください。